常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク




  • ウマミバーガーの創立者がコーヒー第4のウエーブを11月にスタート
    Alen Dixon

    9月11日 - アダム・フレイシュマンはハンバーガー、ピザ、ピーナツバター&ジェリーサンドイッチなどありとあらゆる種類の食べ物のレベルを上げてきた人物だ。しかし、ウマミバーガーの創立者は今回、全く新たなテリトリーに進出する。今秋、正確には 11月、フレイシュマンはコーヒー事業にチャレンジする。

    フレイシュマンはロスアンゼルス市のコレアタウン近くにコールドコックドコーヒー店 (Cold Cocked Coffee)をオープンする。開店予定日は 11月1日。同氏はコーヒーの「第4の波」と名付けている。

    コーヒー業界のサードウエーブは提供者側と消費者がコーヒーの産地や製造方法にフォーカスしたムーブメントであった。コールドコックドはそれを下敷きにしながら全く新しい味とサービングを提供する。「第三のウエーブで登場した多くのブランドは全く同じフォマットです。質に多少の違いはあるものの同じドリンクですし、それが少なくとも 10ブランドはあるという状況です。私は、既存のエスプレッソバー的なやり方を廃止し、もっとシェフ主導のスペースに変えたいと考えたのです」とフレイシュマンは語っている。では、具体的に何が違うのか?

    コールドコックドコーヒーは今急速に主流になりつつあるコールドコーヒーにフォーカスするが、その生産方法とサービングが既存のやり方と全く異なる。フレイシュマンが10年前に考案した方法なのだが、3日間かけてベースを準備する。客が注文すると、カクテルをシェークするように、ベース液を客の目の前シェークしてサーブする。味が従来のエスプレソとは全く違い、甘みはまるでない。現在のような甘み過剰気味のコールドドリンクとは根本的に違うという。まるでカクテル酒をオーダーするように、客はバーカウンターで注文する。サービスが一番のポイントになるとフレイシュマンは説明している。

    アダム・フレイシュマンはウマミバーガーを創立、 800デグリーズピザ(日本では南新宿に 1号点を」オープン)をバックアップ、さらにチョコレートとチキンのハイブリッドブランド「チョコチキン」も立ち上げている。最近になってピーナツバターとジェリーのサンドイッチブランド PBJ.JAの店舗もオープンしている。 上の写真;左はウマミバーガーを両手に持つ

    ソース: QSR