常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク


  • ワッフルラブが最初のコンテナショップをオープンしたのは今年2月、新しく出来たスチールクラフトセンター内(カリフォルニア州、ロングビーチ市)だった。

    船積みコンテナ再利用するレストランが増える理由

    Beth Mattson-Teig

    船積みコンテナがポップアップショップ、レストラン、或いはデスティネーション小売ショップとして脚光を浴びている。サブウェイタコベルチェッカーズなどのメジャーフランチャイズが積極的に活用し始めた。何が利点か?もちろん、好きな時に店をピックアップ、簡単に移動出来るからだ。

    貨物列車がゆっくり前を通り過ぎるのを見て、チーズバーガーやピザ、ワッフルを食べたくなる人はまずいない。しかし、荷物用コンテナのレストラン利用が盛んになるに従って状況は変化するに違いない。デベロパーや事業家が余ったコンテナをポップアップショップ、レストラン、電気店などに幅広くに再利用し始めたからだ。しかも、そのテナントたるやスターバックスからトヨタまで多様だ。

    昨年暮れ、チェッカーズは再利用のコンテナを使って最新の店舗モデルを発表した。外装、内装、キッチン機材、什器、家具すべて込みで価格は28万ドル。
    コンテナショップというニッチマーケットを盛り上げている理由はいくつかある。いわゆる持続性、すなわち要らなくなったコンテナをリサイクル利用する願望、ある人たちは通常と違う店造りで集客し、ユニークな経験を提供したいと考えている。さらに重要な理由として、鋼鉄製のコンテナボックスを店舗活用することで一つの新しい店舗モデルが完成することだ。
    ソース: 米国フランチャイズタイムズ