常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。

  • アメリカフランチャイズの情報開示書のページへリンク


COWORKINGの一例

「コーワーキングスペース」から見る風景

コーワーキングスペース周辺の様子


「コーワーキングスペース」の書斎

月極めだとデスク1つを占有できるケースが多い


「コーワーキングスペース」の

共有のソファ、会議スペース、キッチンもある


「コーワーキングスペース」の全体

コーワーキングスペース全体を別角度で見る

私は個人経営のフリーランサー、でも職場には大勢の「友人」

「コーワーキングスペース」に集まる人々1

このようにオープンスペースでデスクを共有するパターンが一般的だ。

「Coworking」を一言で表現すると、フリーランサーや独立事業主が働くスペースを共有し、互いに刺激を与え、より生産的な仕事をすることと定義されるかもしれない。

狭い職場スペースで9時から5時まで束縛される生活からの解放を夢見てAさんの例を紹介しよう。意地悪な上司はいない、通勤の苦しみもない。ウエブデザインの会社を立ち上げ、自宅で自由に、伸び伸びと働く夢を実現できた。だが、暇な時間にはソファに寝転がり、Xボックスでゲームを遊ぶことが多くなっていったという。

「やはり、自宅と職場との境界が必要だと感じました。真剣に仕事をする人たちと一緒にいたほうがいいとと、判断したんです」とAさんはコーワーキングを選択した理由を語る。

職場規則のない職場

Aさんが見つけたオフィススペースの名前は「オフィス・ノーマッド」。5000平方フィートの同じフロアで働くのは個人起業家、フリーランサー、アーティスト、コンサルタント、その他様々な「個人事業主」たちである。ホームオフィスの機能と気楽さ、インターネットカフェ、従来型のオフィス機能の3拍子がコーワーキングには備わっている。オフィス機能のほとんど全てを備える一方、いわゆる職場の規則等は一切ない。

日割りの利用者には1日$25の使用料を払うコーワーキングもあれば、月極めで$500のケースもある。NYやサンフランシスコを皮切りに、わずか数年前から始まり、今、ゆっくりとだが全米スケールで拡がる「現象」である。

インターネットはもちろん使い放題。簡単な料理をするキッチンを備えるスペースもある。託児所サービスを提供するコーワーキングもサンフランシスコにある。会議室の利用も可能だ。写真でお分かりのように、利用者を分離するデバイダーの類は一切ない。

巨大な潜在マーケット

現在、米国人の1千万人以上が個人事業を営む。1980年には800万人だから25%の増加率である。フリーランサーの労働人口は今ピークを迎えようとしている。静かに、しかし確実に、潜在顧客の数は増える一方なのである。

「コーワーキングスペース」に集まる人々2 ご覧のように、仕切りの壁は一切ないが、利用者はむしろこの自由でオープンな空間を好む。ネットワーキングも活発だ。
SNSのライブバージョン?

ソーシャルネットワーキングによるコミュニケーションがアメリカだけでなく全世界の人々、特に若年層の間で日常的なコミュニケーションになりつつある。しかし、これらは所詮、ネット上の付き合い、バーチャルなコミュニケーションに過ぎないという見方もできる。

それに対し、コーワーキングは現実世界の、いわば肌を触れ合うほどの近さで生身の人たち、それも未知の数多くの人々とネットワーキングできるチャンスを提供する場なのである。正に、現実バージョンのSNSではないか。

エンパイヤステートビルを眺望できるオフィスが$169/日

あなたがNYで1日だけオフィスを必要するとしよう。エンパイヤビルを眺望できるNYの最高に便利の良いコーワーキングスペースを$169/日で利用できる。

パリに行ったとしよう。$140/日で利用可能なコーワーキングスペースがある。それほど高級志向でなければ、ソファ、ベッド付、ふとん(といってもエアーマットだが)付のスペースを一晩100ドル以下でレントすることもできる。

そんな設備を備えるコーワーキングスペースが、今、世界の1000都市に散在している。

興味のある方々は次のリンクを参照されてはいかがか。
http://coworking.pbworks.com/coworkingvisa
http://www.airbnb.com