最新のフランチャイズ情報のご紹介

犬のためにクッキーを焼く:あるサラリーマンの転職物語
収入は減ったが、仕事もプライベートも今のライフスタイルに深く満足、犬のためにクッキーを焼く仕事を選んだ男性のストーリー

オリンピアンが求める究極のジム:クロスフィット
失神しかねない程に一気に集中してやるワークアウト、それがクロスフィットだ。何も考えられない数分間が堪らなくいいというフランチャイジーを紹介

クラフトビールは永久に続く人気ドリンクの位置を確立した
1980年代、クラフトビールの製造元は8社に過ぎなかった。そして、今は約3,700社が小規模の独立クラフトビール製造元に適合するという。

スープ専門チェーン、ズープが拡大を加速中
徐々に店舗を増やす戦略は消費者のニーズが刻々と変化する状況にも対応する。バライエティ豊かなメニューと食材、調理法等を用意していかなくてはならないからだ。

CBTLが初めての中国進出、実行役は韓国の大手リテーラー E-ランド
アジアに確固たる存在感を示すCBTLが韓国企業との独占契約を通じ、初めての中国進出を果たす。迎えつつのは既に同国に 1,700店舗を展開するスターバックス

キオスクに大きなポテンシャルを見つけた外食産業
キオスクタイプの店舗を選択するフランチャイズが増加中、さらにはもっと小型のカート式屋台店が増えている。急速に店舗数を増やせることと初期投資をぐっと下げられる利点が大きな魅力。

米国の大手小売り店がサラダ主体の店内ストアを推進中
米国大手小売チェーン、ターゲットは従来の店内カフェを廃止し、ナチュラル&オーガニック主体のサラダや手作りピザのブランドと提携し、店内カフェのイメージを一新する。

テクノロジーアップグレードに乗り遅れるファーストフードFCは辛い目に遭う
QSRレストランが生き残るためにはいわゆるミレニアル世代のニーズに対応しなければならない。 そしてミレニアルは大のテクノロジー好きで店側にもハイテクを求める世代なのだ。
ノルウェー:トレードミッションは世界一富裕な国に向かった
ギリシャとプエルトリコで続く経済危機、中国の株価暴落など世界中で景気の悪い話をよく耳にする昨今、ノルウエーの安定経済は一服の清涼剤にも似ている。